安全・衛生

HOME > 事業紹介 > 安全・衛生

私たちは厳しい衛生管理を行い、エアラインのHACCPに対応しています。

食品の安全性を最優先にした衛生検査室を設置し、厳しい基準のもとで数多くの検査を実施しています。
培養した細菌を顕微鏡で確認。
刻々と変化する環境において厳しい衛生検査はかかせません。
通路をはさんで対面に設計されているホットキッチンとコールドキッチン。
HACCPの考え方を基本に設計しています。
温度管理が重要であるキッチンの各ルームは冷蔵室で区切られており、高い衛生管理を実現しています。
空調にはソックダクトを採用し、均一な温度と清潔な環境を保持しています。
ムーブラックやトラックヤードの床にはエポキシ樹脂仕上げを施し、長期にわたる耐久性、メンテナンス性を考慮しています。
衛生的で安全な食材を仕入れるため、食材仕入先の工場に定期的に訪問し、衛生管理を行って高い衛生基準を維持しています。

認定

2002年には高い衛生管理が国に認められ、厚生労働大臣賞を受賞しました。

関西工場

2009年には、大阪府が推進する「食の安全安心」に対し、社団法人大阪食品衛生協会が認証する「大阪版食の安全安心認証制度」認証第1号施設として認められました。

関西工場

2011年には、機内食業界では日本国内初となる 食品安全に特化した国際標準化機構規格ISO22000:2005を取得しました。

関西工場

2014年関西工場、2015年沖縄工場
京都ハラール評議会よりハラルキッチン認証を取得しました。

関西工場
沖縄工場